ドラマ「リッチマンプアウーマン」の第3話の感想

リッチマンプアウーマン第3話「明かされた過去 恋が壊れるとき」

小栗旬が運転するバイクの後ろに乗って「NEXT INNOVATION」に戻ってきた燿子役の相武紗季は、バイクから降りた時に千尋役の石原さとみに出くわしました。
千尋はそんな二人を見ていたので、燿子は「偶然だ」と言いました。
日向は、社員でもなくインターンシップの千尋にアバター入りの名刺を作ってくれ、千尋はそれが嬉しかったのですが名刺に係れている「澤木千尋」という名前が偽名であることをますます言いにくくなってしまうのです。
そのことを親友の遥役、野村真純に話すと「日向のことを前から知っていたの?」と聞かれ、高校時代に出会っていて、日向が実母である「澤木千尋」を探しているということも偶然知ったということも話しました。
翌日千尋が定時前に出社するとほかの人たちはもっと早く来ていて仕事を始めていたため焦りましたが、どうも社員たちの様子が変に感じていました。
そんな千尋を見た倫哉役の浅利陽介が「今日はデスメール(契約更新)の日だから」と教えてくれました。
3か月ごとに契約更新があるプログラマーたちはその日にメールで「契約終了」のメールが夕方の6時までに日向から来るということです。
そしてその日有望な坂口役の中野裕太にデスメールが届き、坂口は怒って日向と燿子に不満を爆発させるのです。
しかしその抗議も一蹴されてしまいます。
その後、千尋は日向から契約終了となった人たちの不要な書類を処分するように言われたのですが、そんな書類の中にあまり使われていない名刺が見つかりました。
それを見て日向のやり方は悪趣味だと反感を抱くようになるのです。
それから千尋は日向に「話がある」というがその時は拒否をされてしまいます。
その後偶々食事をする機会があり、その時に「話を聞こう」といわれるがはなかなか切り出せずにお酒を飲んだり食事をし、テンションが上がりいろいろなことを話すうち、結局日向は優秀な坂口には自分のためにも新しいチャンスを与えることを話してくれたのです。

「リッチマンプアウーマン」第3話のキャスト

  • 小栗旬
  • 石原さとみ
  • 相武紗季
  • 浅利陽介
  • 植木紀世彦
  • 中村靖日
  • 鷲尾真知子
  • 中野裕太
  • 螢雪次朗
  • 夙川アトム
  • 萬田久子
  • 佐野史郎
  • 井浦新
  • 「リッチマンプアウーマン」の全動画(Episode0~1話~11話)を見放題で視聴する方法

    「リッチマンプアウーマン」の全動画(Episode0~1話~11話)を見放題で視聴する方法

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です